2020-21冬服に揃えておくべきファッションアイテム おすすめをアパレル店員が紹介

ファッション
スポンサーリンク

ここ最近まで暖かったり、寒くなったり服装の難しい気温が多かったですよね。
ですが、12月に差し掛かるにつれ冬の寒さというものが本格化してきたと思います。

そこでこのような悩み出てきてませんか。

寒くなってきたから冬服が欲しいけど何を買って良いかわからない、
服は結構あるけどどのような着こなしをすれば良いの、
冬服これだけ持っておけば大丈夫的なのが知りたい。

冬服になるとコートやダウン、ブルゾンなど
着こなしの幅が広がりファッションをより楽しめると同時に
着こなしを考えるのが大変になりますよね。

そこでこの記事では
2020冬服に揃えておくべきファッションアイテムおすすめを紹介するのと同時に着こなしも軽く紹介していきたいと思います。

この記事を読むと分かること

・冬服に必要なアイテムが分かる

・買い物の際に何を買って良いか迷わなくなる

・冬のコーデの着こなしの幅が広がる

トレンドを加味しながら現代風にマッチするようなアイテムと
コーデを提案しますのできっとあなたの役に立つことでしょう。

スポンサーリンク

2020-21秋冬服ファッショントレンド情報を簡単に紹介

オールブラック

多くのブランドのルックを見るとオールブラックというスタイル
圧倒的に多い印象を受けました。

オールブラックはまとまりすぎる印象があり重く見え過ぎてしまいます。

そこで生地感での差、シルエットでの差、小物や差し色での差
出していくとこなれた印象を与えられ程よくトレンドを混ぜた
スタイル
のファッションにすることができます。

黒はシルバーなどのアクセサリーとも相性が良いのでこちらの記事を読んでみてください。

差し色でペールトーン

春夏と比べて若干寒色系のものがトレンドカラーとして秋冬は盛り上がりそうです。

個人的には全体的にペールトーンをコーデに入れるのではなく
インナーや靴下などワンポイントで差し色として使っていくと
差別化もできかなりおしゃれな印象になると思います。

細め系

ビッグシルエットやオーバーサイズが段々と落ち着いてきて
多少のリラックス感を残しながら細身へとトレンドが変化しつつあります。

今まではかなり大きめのトップスやワイドのパンツを履いていた方も
少しだけジャスト目のサイズ感にすると一気に今年の秋冬らしい着こなしに。

低身長の方や体型が気になって細身は
ダメだという方はパンツかトップスどちらかを
多少細身にしてみる
というのも良いと思います。

その際はAラインとYラインを意識してみてください。

レザー系

どのブランドからも出ているレザー系のアイテム。

セットアップで出しているブランドもあるくらい
レザーのアイテムの人気が急上昇してます。

セットアップで着るのもよし、コートの中のインナーシャツとして使うのも良し、
シンプルにまとまりすぎるコーデのパンツにレザーを入れてトレンド感を出すのも良し、

一個レザー系のアイテムがあると着こなしが楽しくなりそうです。

セットアップ

年々セットアップは秋冬のトレンドとして必ず注目されていますが、
今年は特にセットアップのバリエーションが増え色んな
セットアップスタイルを楽しめるようになりました。

テーラードやダブルはもちろん、シャツセットアップ、
スウェットセットアップ、レザーのセットアップ、ブルゾンのセットアップなど。

かなり盛り上がりを見せているのが分かりますね。

一つでもセットで持っておくとコーデの幅がかなり広がりますので、
セットアップに注目してアイテムを見るのも面白いと思います。

オーバーコート

出典元 https://monde.jp/blog/?p=4344

去年から引き続きかなり大きめのコートがどこのブランドでもリリースされております。

特に個人的に気になったのは地面に着くくらい長いコートです。

コートだけの存在感がかなりあり、
ブーツなどの合わせがカッコ良くそれでいてジェンダーレスな装い

2020年流行るのではないでしょうか。

プラスでスタンドタイプのコートも多いような気がします。
襟の部分を立てて着ることでよりクラシックな洗礼されてたファッションに近づきます。

物足りない方はここにベストなどを合わせると周りと
違った差別化したコーデ
を楽しめそうです。

大きめマフラー

出典元 https://www.acnestudios.com/jp/ja/home

オーバーコートと同じく去年に続き多くのセレクトショップで取り扱いされてますね。

去年よりも今年の方がより明るい糸や派手なマフラーで
コーデに色をつけるようなファッション
が注目されています。

コーデ自体をあえてブラックや寒色系でまとめながら
そこに大きめのマフラーを自分なりにアレンジして巻き
色をプラスすることで現代風の装い
ができること間違いないです。

2020-21冬服に揃えておくべきファッションアイテムおすすめとコーデをアパレル店員が紹介

オーバーコート

オーバーコート所謂オーバーサイズのコートです。

普通のコートではダメなのと思うかもしれませんがトレンドを意識しつつ
周りからおしゃれと思われるようなコーデをしたいのならば大きめのコート
をおすすめしたいです。

このオーバーコートはトップスなどの上から羽織るだけで
冬のコーデ完成
というほど使い勝手が良く万人に受けの良いアイテムです。

さらに真冬に着込みたい時に大きめのコートにしておくことで
インナーダウンなど嵩張るものでも関係なく中に着ることができるのも大きな利点です。

冬のアウターで一番清潔感も出せる上に簡単におしゃれに
見せることのできるおすすめアイテムです。

オーバーコートを使用したコーデ

寒色系になりやすい冬だからこそこういった明るめのコートもかなり重宝します。

見るとわかりますがこういった大きいコートを一枚羽織るだけで
一気に冬感とこなれ感を出せコーデがおしゃれと言われるようになります。

このくらい大きめのコートを是非!

ダウンジャケット

毎回冬のアウターがコートだけだとマンネリ化してしまうことも頭に入れておくと、やはり他にもアウターが欲しいですよね。

そこでおすすめしたいのがダウンジャケットです。
真冬にも対応できるダウンのアウターだからこそ一枚持っておくと冬服に大変便利です。

選ぶときのおすすめポイントとしては
ボリューミーなサイズ感でカジュアルすぎないものを選ぶ
多くのコーデに対応させやすいです。

最近は派手な色味を着る人も増えてきましたが、
無難な色味を持っていない人はブラックがおすすめ。

防寒性もありつつ、コートとは違ったカジュアル感を演出できるので
コートとダウンのアウター二つあれば冬は完璧です。

ダウンジャケットを使用したコーデ

全体的に暗めのトーンでまとめていますが、
素材感がそれぞれ違うと良いバランスでまとまってくれます。

細身のパンツにボリュームのあるダウンの合わせが
Aラインシルエットとなっていて綺麗ですね。

あえてワイドと合わせてみても太めのIラインとなってそれはそれで
カッコ良くきまると思いますよ。

ニット系

冬のトップスといえばニットを思い浮かべる人がほとんどだと思います。

ウールやらカシミヤやらモヘアなど生地の素材も多くありますし、
デザインやカラーなどもバリエーション豊富であなただけの一枚を見つけて欲しい
ところですが、

あまり持っていなくて最初に選ぶなら無地の落ち着いたカラーがおすすめです。
とにかく使いやすいためです。

ネイビーや黒、グレーなど使いやすいカラーを選びましょう。

着こなしの幅を広げるために少し変わったデザインのものや
派手なカラーのものを合わせて持っておくとさらにグッド
です。
ニットがあれば冬のインナーには困りませんよ!

ニットを使用したコーデ

明るい色のニットを差し色として使用することで一気にコーデに華やかさが出ます。

落ち着いた色のニットも使いやすくおすすめですが、そういった色味を多く持っている方は
このようにレイヤードや差し色として使用するとコーデにこなれ感と
洗礼された雰囲気が出ますよ。

タートルネック

絶対一枚持っておいて損をしないアイテムのタートルネック。

暖かいのはもちろんコーデのレイヤードなどにも使えて汎用性がかなり高いです。

シャツやニットの中に着ることで首元に色を足せますし、
どこかコーデも引き締まって見えるようになります。

いつものコーデにマンネリを感じている人はプラスでタートルを
インナーに使用するだけでかなり変わって見えますよ。秋冬の必需品です。

タートルネックを使用したコーデ

全体的にブラックとなっているコーデでも、少し変わった色のタートルネックを
インナーに使用するだけでコーデのバランスを取ってくれ引き締めてくれます。

首元まで覆ってくれるので冬感も簡単に出せますよ。やはり首元が出てると少し寒そうですし笑

コーデュロイやウールなどのパンツ

冬のコーデ感を出すためにはトップスやアウターだけではなく、
パンツの生地感も重要になってきます。

麻などの薄いパンツを履いているとどうしても
重厚のある上とのバランスが悪くなり、コーデの季節感がバラバラになってしまいます。

ですので冬素材のパンツを選びましょう。
おすすめなのはウールとコーデュロイです。二つとも暖かく一気にコーデに冬感が出ます。

ウールはきれいめなパンツが多くどの服装にも合わせやすいです。
コーデュロイはカジュアル要素が強めですが、
雰囲気を変えるのにうってつけなので両方持っておくとかなり幅広いコーデに対応できますよ。

革靴

スニーカーを履いて足元にカジュアル感を出すのもおしゃれですが、
冬といえば革靴が定番かつ季節感のある靴だと個人的に思っております。

全体のコーデを引き締めるのにも革靴はかなり役立ちます。
冬の足元に困ったら革靴を履いてみてください。コーデが洗礼されて驚くこと間違いなしです。

コスパが良くておすすめの革靴を知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

マフラー

出典元 https://www.acnestudios.com/jp/ja/home

シンプルに決まりすぎてしまうコーデにマフラーをプラスすれば
一気に大人っぽい上品コーデに変化します。

タートルネックの時にも書きましたが、
首元に色を足したり何かあるとコーデのバランスが本当に良くなります。

またマフラーの巻き方によって雰囲気を変えれたりするので汎用性も高いです。

あえて大判の、長いマフラーなどをざっくり首元にかけるだけでも
上品なコーデへとアップデートしてくれますよ。
是非派手めなマフラーと落ち着いたマフラーを持っておきましょう。

マフラーを使用したコーデ

マフラーが主役であるかのようなコーデですね。これを見ると分かるのですが、やはりマフラーの存在感はかなり大きいです。

マフラーがあるだけでワンポイント色味を加えられ、
上品なコーデにアップデートされているようですね。

かけてみるだけでも変わるので是非試してみてください。

シルバーの小物系

オールシーズンおすすめなのがシルバー系のアクセサリーです。

肌の露出が多い夏もおすすめなのですが、
コーデが寒色系になりやすい冬にシルバーリングやシルバーの時計を
つけると一気に全体の雰囲気を上品にこなれ感も演出
することができます。

手元に何かあるだけでこんなに雰囲気を変えれるんだとなるので是非試してみてください。

おすすめのシルバーリングを知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

まとめ:冬が一番ファッションを楽しめる季節

10度を下回る日がそろそろ近づいてきそうなので少し遅いですが、
冬物に必須持っておくべきアイテムをまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

春夏秋冬の中で冬は特に色んな着こなしのできるシーズンだと思います。

だからこそマンネリ化しないようにここで紹介したアイテムは
最低限持っておくとかなり着こなしの幅が広がりますよ。

トップスやアウターパンツなど目に止まりやすいものに重きを置きがちですが、
小物があると意外とコーデのバランスや差別化ができるようになりより洗礼された雰囲気を出すことができます。

是非試してみてください。
この記事があなたのライフスタイルに役立つと嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました