大学生 持っておくべきファッションアイテム これだけあればおしゃれに着こなせます。

ファッション
スポンサーリンク

大学生になると毎日のように私服を着なければいけないので、
服装に迷いますよね。

更に「毎日同じ服だと恥ずかしいし」かと言って何を着れば良いか
わからないという悩み分かります。私もそうでした。

そこでこの記事ではアウター、トップス、ボトムス、靴、リュックまで、
持っておいた方が良いアイテムをまとめました。

最後まで読むことで、毎日のコーディネートに困りませんし、
おしゃれに見られること間違いなしです。

どんなファッションにも合う万能的なアイテムを紹介しますのでご安心ください。

スポンサーリンク

アウター おすすめアイテム

・ステンカラーコート

引用元 https://zozo.jp/shop/doopz/goods/33313240/

ステンカラーコートは、衿は後ろが高く、前が低くなっていて折り返す形になっています。そのため、小顔効果や首元が野暮ったく見えないのが特徴です。

ゆったりとしたタイプのものが多く、トレンドを意識するなら持っておくべき
アイテムです。

コートというと身長が低いと着れないと思うかもしれませんが、
ステンカラーコートなら全体が綺麗にまとまるので低身長にもおすすめです。

一枚持っておくだけできれいめな印象のコーディネートを作りやすいのでおすすめです。

・コーチジャケット

引用元 https://zozo.jp/shop/studious/goods/38767466/

コーチジャケットは、薄手のナイロン製ジャケットのことです。
襟付きで、前ははジッパーではなくスナップボタン式、袖や裾が絞られているのがベーシックです。

春秋に重宝するアイテムで、Tシャツやパーカーなどの上に羽織るだけで
おしゃれにきまります。

タイト目なものより、オーバー気味のシルエットを選ぶことをおすすめします。

・ジャケット

引用元 https://wear.jp/genji/11036176/

ジャケットというと、スーツなどを思い浮かべると思いますが、
シルエットなどを意識したジャケットを選ぶととてもおしゃれに着こなせます。

あえて大きめのものを選んだり、革靴で合わせるのではなくスニーカーで
合わせたりするとフォーマル過ぎずに着れるのでおすすめです。

とてもシンプルなコーディネートで清潔感が強く、女子モテには必須アイテムです。

トップス おすすめアイテム

・無地Tシャツ

引用元 https://zozo.jp/shop/classicalelf/goods-sale/41195301/

無地のTシャツは必ず持っておいた方が良いです。
アウターの中に着るのはもちろん、パーカやスウェットの中にも
着れるのでおすすめです。

夏になると一枚でも切れるので、大きめとジャストくらいのTシャツを
持っておくことをおすすめします。

おすすめのTシャツについては別記事でまとめています。是非参考に!

・無地ロンT

引用元 https://zozo.jp/shop/jeansmate/goods-sale/44691905/

無地のTシャツ同様持っておいた方が良いです。
春秋には一枚で着れますし、インナーにも利用できるのでおすすめです。

とにかく万能アイテムです。肩が落ちているビックシルエットがおすすめです。

・パーカー

引用元 https://zozo.jp/shop/publictokyo/goods/44594836/

パーカーを持っているだけで、着こなしの幅が相当広がります。
カジュアルめのアイテムなので、ジャケットのインナーやコートのインナーに
着るといつもと違った雰囲気を出すことができます。

Tシャツの上などに着るだけでカジュアルさが増すので、おすすめです。
選ぶ際は、フードが写真の様に立つものを選んでください。

・白シャツ

引用元 https://zozo.jp/shop/iedit/goods/51516703/

黒や青ではなく、とりあえず白シャツがあればOKです。
白シャツは清潔感を出すための王道のアイテムで、白ならばどの色にも合うからです。

着回し力が高く、パーカーとは逆で着るだけで綺麗めな印象を与えることが出来ます。生地やシルエットで見え方も変わるので、まずはレギュラーのものをおすすめします。

ボトムス おすすめアイテム

・デニム (ストレートシルエット)

引用元 https://zozo.jp/shop/notch/goods/42397270/

デニムの中でもストレートシルエットのアイテムがおすすめです。
すとんとしたキレイなシルエットで、スタイルも良く見せることが出来ます。

またスキニーなどのように肌に密着していないので、夏でも快適に
履くことができるのもおすすめです。

白のデニムですがシルエットなど参考になると思います。↓

・スラックス

テーパードシルエット

引用元 https://zozo.jp/shop/studious/goods-sale/37828786/

さらっとした生地で履きやすいスラックス。綺麗めなパンツで清潔感もあり
着回しがしやすいです。

特にテーパードシルエットは、トップスで着る服を選ばないほどの着回し力です。また靴下で差し色などもできるためコーディネートの幅も広がります。

ワイドシルエット

引用元 https://zozo.jp/shop/luis/goods/19818742/

スラックスの元々のフォーマルさにワイドシルエットというカジュアルさが
プラスされ丁度良いシルエットに仕上がります。

トップスによって、カジュアルになったり、フォーマルになったりと着回しが
楽しめておすすめです。

全体的なコーディネートのバランスを考えながら着ると良いと思います。

靴 おすすめアイテム

・スニーカー 黒or白

引用元 https://zozo.jp/shop/billysent/goods/46463570/
引用元 https://zozo.jp/shop/midwest/goods-sale/49154253/

私の場合は、春は基本白、冬は基本黒とスニーカーを使い分けてました。

明るい色のコーディネートをする際は、足元も明るい色にすることで
全体のバランスがとれ綺麗にまとまります。
逆も同じです。

まずは、黒か白があればスニーカーは大丈夫です。

・革靴

引用元 https://zozo.jp/shop/journalstandard/goods-sale/33420068/

革靴があれば、おしゃれにみられること間違いないしです。
大人っぽさも演出できますし、何より清潔感が溢れ出てきます。

足元での主張があまりないので、身長が高くみられる効果もあります。

革靴を選ぶ際は、先が尖ったものではなく写真のような丸くなっているもの
を選びましょう。

・サンダル

引用元 https://cotyle.com/?pid=129011297

夏には必須アイテムのサンダルです。暑い夏にもスニーカーや革靴を
履いていると正直暑苦しさを感じられてしまいます。

ちょっと寒くても靴下を履くことでまた違った印象を与えられるのでおすすめです。
サンダルの記事も書いていますので、おすすめのサンダルを知りたい方は↓

靴下 おすすめアイテム

・無地ソックス

引用元 UNIQLO公式

柄物を選ぶより、まずは無地のソックスが何よりおすすめです。
無地ならば全体的なコーディネートを綺麗にまとめてくれるためです。

UNIQLOか無印良品のソックスが安くておすすめです。

カバン おすすめアイテム

・リュックサック

引用元 https://zozo.jp/shop/root/goods/41745773/

大学生には必須のアイテムです。授業で使う教科書やパソコンを入れられるものを選びましょう。

あまり特徴的なものを選ぶとコーディネートにまとまりを出しづらくなり
かえってダサいと思われる可能性があります。

デザインが目立ちすぎるものや大きすぎるものはやめましょう。

・トートバック

引用元 https://wear.jp/item/33979150/

パソコンを毎日持っていくことはないと思うので、トートバックも
おすすめです。

ワンポイントデザインのあるものやブランドのロゴが入っているようなものなど
があります。あなたの好きなもを選んでみましょう。

コーディネート例

・ステンカラーコート✖️白シャツ✖️デニム

引用元 https://wear.jp/crewtiger/16653833/

・コーチジャケット✖️ロンT✖️ワイドスラックス

引用元 https://wear.jp/jun1998re/16330334/

・ジャケット✖️Tシャツ✖️革靴

引用元 https://wear.jp/murasakibaru/16719873/

・パーカ✖️白スニーカー

引用元 https://wear.jp/gaaaaaakun7/16681805/

・ロンT✖️テーパードスラックス✖️黒スニーカー

引用元 https://wear.jp/basket88/16771430/

・白シャツ✖️サンダル

引用元 https://wear.jp/yugowear11/15047235/

・無地Tシャツ✖️サンダル

引用元 https://wear.jp/shuheeeey/16706712/

まとめ

いかがでしたでしょうか。紹介したアイテムさえ揃えれば、
オールシーズン着こなしに困ることはないです。

毎日同じ服になることもなく、ダサいと言われる心配もありません。

ファッションを意識していると、だんだんと、コーディネートのコツや
トレンドについてわかってくると思います。
そこまできたら、デザイン性の高いアイテムや高価格帯のブランドに手を出していきましょう。

この記事を参考に楽しい大学生活を送れると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました