服好きチェック!タンスやクローゼット内の服 虫食いに注意 対策と駆除アイテム(イガ、コイガ)

ファッション
スポンサーリンク

タンスや押し入れに服を入れていて、小さい穴が空いているといった経験
ありませんか。穴を空けた覚えがないのに空いている。

もしかしたら、蛾の幼虫のせいかもしれません。

家に小さい蛾がではじめたら要注意。
私もその蛾たちのせいで大切な服を捨てる羽目になったこともあります。

同じ経験をしないようにこの記事では、原因、対策をまとめました。
虫食いに悩まされている人も、早めに手を打っておきたい人も役に立つ記事
になっていると思います。最後まで読み大切な衣類を守りましょう!

スポンサーリンク

蛾の種類と原因

出典元 https://marouje.exblog.jp/i24/19/

衣類などを食害する小さい蛾の幼虫は「イガ」「コイガ」と言われています。
小さい蛾が一匹二匹飛んでいたら虫食いに注意した方が良いです。
私は放って置いたら小さい蛾が大量発生しました。
(ということは、幼虫もかなりいたということ。恐ろしい)

イガとコイガはどちらも生態と防除対策に大きく違いはないので、
簡単に特徴だけあげていきます。

  • 生息場所 タンス、クローゼット、絨毯、毛皮、革製品、ダウンなど
  • 体長 6mm~7mm
  • 特徴1 年に何度も発生を繰り返す
  • 特徴2 鳥の巣が近くにあるとそこでの発生多
  • 特徴3 動物食の食品ウールなどの動物性繊維(イガ)
        動物系植物系場合によって化学繊維も(コイガ)
  • 特徴4 光が苦手、ライトトラップは難しい
  • 弱点 防虫剤が効きやすい、50度前後の熱で死滅する

小さい蛾が発生した場合の対策

室内にイガ、コイガの成虫(小さい蛾)を発見したら、
できるだけ早く駆除してください。
毎日見かけるや発生している数が多そうな時は、スプレータイプや燻煙剤を使うことをおすすめします。

スプレー エアゾール

エアゾールを使用する場合は、小さい虫なので遠くから吹きかけるように
してください。

直接吹きかけなければいけないので手間がかかります。
動物など飼っていない人などはバルサンなどの燻煙剤がおすすめです。

燻煙剤 バルサン煙タイプ

飛んでいる成虫に対して効果的です。
卵を産むのは成虫なので、まずは成虫を駆除して未来の発生を
食い止めましょう。

このバルサンはワンタッチタイプなのですぐに使用できます。
隅々まで効きますのでおすすめです。

動物を飼っている人は使用する部屋に入ってこないようにしてください。
次は卵や幼虫の駆除についてです。

幼虫駆除

幼虫や卵の駆除は意外とめんどくさいです。
ですがここを怠ると結局大量発生につながってしまうので
しっかり行いましょう。

熱乾燥機などで熱処理をするのが手っ取り早い

服を一つ一つチェックしてというやり方も良いですが、
イガ、コイガの弱点は熱です。しかも50度前後ので熱で死滅するので

持っている服を全てコインランドリーに持っていって乾燥機をかけるのが
おすすめです。
生地がダメになると心配なものはクリーニングに出しましょう。

これらの方法はお金がかかるかもしれませんが、大切な服に穴が空き
買い替える方が結果的にお金がかかります
ので、しっかりと
駆除しちゃいましょう。

衣類が少ない場合はスチームアイロン

衣類全体にまんべんなくアイロンがかけられるのであれば、
スチームアイロンでも駆除できるのでおすすめです。

乾燥機でダメになるのが怖いという方は、一枚一枚スチームアイロンでも
大丈夫です。

おすすめのスチームアイロン T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチーム ¥4,360

シワを伸ばすだけなら他のものでも良いと思いますが、
こちらの商品は殺ダニ、除菌、脱臭、花粉、アレル物質対策も可能なのです。

性能が素晴らしいです。
コロナウイルスが流行しているからこそ除菌してくれるのは嬉しいですよね。

使い勝手の面ではアイロンと言うと重そうと言うイメージがありますが、
こちらのスチームアイロンはグリップ力があり持ちやすいので重さをあまり感じません。
片手で少し重いくらいの感覚でした。

まりふく
まりふく

温度は三段階で調節可能なので繊維によって温度を変えれるのも便利です。片手で使いやすく、

機能面なども充実しており洋服のお手入れに使うのであればこの商品がおすすめ。

蛾を一掃したら今後の対策をしましょう

これらの駆除方法を行ったら、今後絶対に発生しないように対策をしましょう。

洋服の普段の手入れも重要になってきます。
普段のメンテナンスについて詳しく
知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

防虫剤 ムシューダ

イガ類は防虫剤が効きやすいです。
万が一また発生してもいいように必ず防虫剤はクローゼットやタンスに
使用しましょう。

使用する場所の密閉度が高いほど効果があります。
衣類に使う場合はシミなどが付く防虫剤もあるので安全性の高い
「ムシューダ」が圧倒的におすすめです。

香りありかなしかは好きな方を選んでみてください。
ちなみに私は防虫剤に匂いはいらんやろという偏見の元無香を使っています。

タンス用 無臭

タンス用 におい付き

クローゼット用 無臭

クローゼット用 におい付き

しまい洗い

油汚れや食べかす汚れを好むというデータもあるので、
タンスにしまう際は必ずしまい洗いをすることがおすすめです。
洗濯することで衣類についていた卵も落ちます。

洗濯を入れる時は必ずはたく

こいつらはそもそもどっから来たのか謎ですよね。
実は干している洗濯に卵を産みつけるというのが大半です。

イガ類の卵は落ちやすいので、取り込むときに軽く叩いたりするだけでも
効果的です。
しっかりと行いましょう。

季節の変わり目に保管しておくものは一度クリーニングに出してから保管がおすすめ

アウターなど長い間保管しているものなども発生源になりかねないので、
クリーニングに出して、
自宅で保管するか、そのまま保管してもらうなど
でもありだと思います。

近くにクリーニングがないという方は宅配サービスのものがおすすめです。

おすすめのクリーニング 宅配クリーニングLACURI

お客様の声、レビューで高評価をいただいているLACURI。
最大10ヶ月保管できます。

配送用BOXも折りジワのつきにくい平たいBOXで配送できるので高い服なども安心して届けられます。

国家資格取得者のクリーニング師が処理しているため、間違いない仕上がりです。
更に最新設備の安心ファクトリー。
送料無料かつシミ抜きやボタン修理、毛玉取りなども無料です。

まとめ

イガ、コイガの駆除方法と対策についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

私自身めちゃくちゃ苦労しましたので見てくれた人がそうならないように
まとめてみました。大切に着ている服に穴が空いていると嫌ですよね。

買い換えるとかになったらばかにならないので、今回紹介した方法を
是非試してみてください。
大切な服を守り、ファッションを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました